札幌市西区西町 あすりは整骨院 リラクゼーションほぐれる 西町ブログ
2018年も残り一ヶ月
2018年11月30日

スポーツやっていたり健康になりたいトレーニングをしている人へ!!(負荷のかけ方編)

こんにちは!あすりは整骨院館山です。

今日はトレーニングの負荷のかけ方について書いていきます。トレーニングで筋肉に負担を与えるって認識は間違いないのですがただ重いのを持てるから強いってことやスポーツ動作、生活動作が楽になるかといえばNO!!!!!です。

人間は二足で立っていますが、実際の動作の走る動きや歩く動き、スポーツでジャンプするときなどはほとんどが片脚になります。

つまりスクワットで200kg持てる人は両脚時の重さなのでそれってどうなの??スポーツで動きの中でつかえるの??って個人的には思います。

実際は使えるのでしょうけどもっと効率のいい方法があるのでは?と思っております。(そのほかを否定するつもりはありません)

一般的にトレーニングの負荷を上げるにはいくつかあるのでご紹介します。

 

・動作が遅い→速い:これだけでもなかなか違います。普段の重さを持った状態で早く動作をしようとするだけでめちゃくちゃ疲れます!!

・支持基底面が広い→狭い:支持基底面とは簡単に言うと身体を支えている足の幅のことです。つまり両脚で立つより片脚で立つ方が難しいってことです。

・支持面が安定している→不安定:簡単に言うと地面よりバランスボールに乗っている方が身体が安定しにくいよねってことです(ざっくりし過ぎですね笑)

・情報が多い→少ない:ただスクワットをするよりも相手をみて相手に合わせて反応しながら動かす方が難しくなります。

この様に上げたらきりがないですが負荷にもたくさん種類があってスポーツをしているとか、日常生活に困らないようにしたい等沢山人それぞれ目的は違うのでそれに合わせて負荷を考えてみるといいかもしれません。

 

やみくもに重い物を持つだけじゃ筋肉が付くどころか怪我の原因になってしまうので注意です(>_<)今回は終わります。

普段やっているトレーニングを片方でやってみてください!!(重さは軽いのから始めてください笑)

 

 

 

営業時間 あすりは整骨院 西町
平日 10:00~21:00 土日 10:00~16:00
お休み 月曜(施設休館日)・祝日
〒063-0062
札幌市西区西町南6ー1-1 西友西町4F スポーツクラブNAS内
TEL:0800-888-2413(整骨院直通)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■■□■
■◇■あすりは整骨院西町/ほぐれる西町■◇■

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です